Author Archive

大切なタイヤを劣化させない手入れ方法

デスク01タイヤは自動車の中でも運転手や助手席に乗っている人を守る重要なパーツです。アスファルトの上でなく砂利道や雪道など、様々な道を走行するのでタイヤは傷みやすいです。長持ちさせるためにも、定期的にメンテナンスを行い長持ちさせましょう。お手入れ方法は、まずは状況を確認しましょう。タイヤで重要な部分が地面と密接する接地面です。この部分は走行中地面と直接あたるので、どうしてもすり減ってしまいます。溝の残り具合を調べましょう。ゴムの劣化にも気をつけたいところです。ゴムが劣化すると、バーストの原因になってしまいます。ゴムが劣化の劣化はひび割れです。ひび割れやすり減ってぼうずになっている場合は、タイヤをすぐに交換しましょう。タイヤの状態が良いと判断できたら、空気圧を確かめましょう。空気圧は高すぎても低すぎてもいけません。高すぎると乗り心地が悪くなり、低すぎると燃費が悪くなります。空気圧を確かめたら砂利などで汚れたホイールを綺麗にしましょう。専用ブラシやクリーナーを使うと、キレイにする事が出来ます。シートなら、拭くだけでピカピカになります。タイヤに直接吹き付けるだけでキレイに汚れを落としてくれるスプレーもあります。

タイヤの交換時期の見分け方

テーブル自動車を安全に運転することは、自動車運転手に課せられた最低限の義務です。しかし、現実に日本では日々多くの自動車交通事故が多発していて、年間多くの人が亡くなっているのが現状です。
その原因の一つとして、自動車の整備不良に係る事故が上げられます。ブレーキや制動に関するタイヤなどは、整備不良があれば交通事故に直結してしまう重要な部品です。これらの部品については、乗車前に点検しておくべき日常点検項目にも含まれています。
タイヤは、ゴム製品であり消耗品ですのでタイヤ交換の時期を迎えたときには交換が必要になります。タイヤの交換する時期については、トレッド面と呼ばれる排水用の溝が刻んである接地面がすり減るまで使用することが可能です。しかし、ある程度のすり減り具合が定められているので、確認する必要があります。
その手順としては、タイヤの側面から確認すると三角マークがあり三角の頂点がタイヤのトレッド面を指しています。そこの場所のトレッド面をみると排水用の溝の一部が突き出ています。それがスリップサインでタイヤの交換時期を知ることが出来ます。スリップサインを確認して、排水溝とサインが同じ高さレベルで見えていたら交換が必要です。
タイヤの溝が減っていなくても、ゴムは年々硬化していくので年数が経過しているならば、交換することをオススメ致します。

本体と合わせてタイヤも定期点検が必要

}PgžxQ自動車は、新車の時は3年、以後2年に一回の車検と、それ以外も毎年一回の定期点検が義務付けられています。
義務付けられた点検のことを法定点検といいます。

自動車の部品はよく交換サイクルを表すときに、寿命と表現し、何年という期間または走行距離で何万キロのどちらか早いほうが交換時期になります。
ところで、タイヤの場合、走行距離はもちろんわかりやすい指標ですが、車の中でも直射日光にさらされる場所、かつ材質がゴムなので、経年による変化も金属で出来た他の部品に比べておき安いパーツです。
週末しか使わず走行距離は大したことがないから、タイヤはずっとそのままという場合、ゴムが日照により劣化し、ひび割れなどを起こしていると、高速走行時にはバーストの危険もあります。

また、車の多くはエンジンはボディの前にあり、車種によって後ろのこともありますが、4輪のタイヤにかかる負担は均等ではありません。重量の掛かり方や乗り方で、タイヤの消耗が均等でない時は、ローテーションといって場所を入れ替えると、寿命を延ばすことができます。
高速で走る自動車にとって、地面と接するタイヤが重要なことは言うまでもありませんが、タイヤの状態で乗り心地も大きく変わります。
交換やローテーションの要否などを含めて定期的な点検で長持ちさせましょう。

タイヤを安全に使うために

ダイニング01今の生活には車は欠かかすことができない道具です。
車がある生活とない生活では全く満足感が異なってきます。
また車があれば重い商品を手で運んだりすることもなく簡単に持ち運びができます。
また休日には少し遠い場所にも家族で行くことができるたりメリットがたくさんあります。
ただ車はとても維持費がかかるもの。
この維持費を抑えたいと思う人はたくさんいます。
その中でも高額な支払いが必要になるのがタイヤです。
タイヤは通常のタイヤと冬にはきかえるスタッドレスタイヤがあります。
タイヤは車が走る際なくてはならないものですがこのタイヤを安全に使うためにはどうすればいいか把握している人は少ないです。
燃費にも影響してくるので日頃から定期的に点検することが重要です。
タイヤの空気圧は簡単にガソリンスタンドで調べることができるので高速道路を使用する前などはチェックしておくとより安心して車を走らせることができます。
家族を乗せている車だからこそ定期的なメンテナンスを細かくするべきです。
日頃のお手入れが将来的にいつまで動く車になるかを左右します。
これから持つ人も今持っている人も車のタイヤをよく観察することが重要であることを再認識する必要があります。

状況に合わせたタイヤの選び方

ソファーとテーブル雪道の山を運転する場合は、適切な準備をして安全運転ができるようにしましょう。
準備として、タイヤをスタッドレスタイヤに変える方法かタイヤチェーンをする方法があります。
スタッドレスタイヤは冷たい路面でもタイヤが固くなりにくく設計されています。
前輪と後輪の全てをスタッドレスタイヤに変えてから外出するといいでしょう。
スタッドレスタイヤは一般の道路でも走行できますし、近年は開発がめざましく新しいタイヤだとグリップ力が高いと言われています。
次のタイヤチェーンは、スタッドレスタイヤに比べて比較的安価ですがチェーンをつけたままだと積雪の道以外は走行ができません。
よって、スタッドレスタイヤは自宅で交換ができますが、タイヤチェーンは雪が多く積雪されている道に入る直前で装着することになります。
どちらを選択するかは人それぞれですが、もうひとつ選択肢があります。
それは、レンタカーです。
ほとんどの雪の降る地域でのレンタカーはスタッドレスタイヤに交換されています。
つまり、自宅で準備をする必要もありませんし、タイヤチェーンを寒い中装着する必要もないということです。
レンタカーだと借りたらそのまま走りだすことができタイヤを替えたりチェーンを装着することが苦手な人にとっては最適な方法かもしれません。

タイヤのインチアップ・サイズ変更について

ソファータイヤ全体のサイズを変えずにリム径だけを大きくしたものを、タイヤのインチアップと呼びます。インチアップをすると、偏平率が下がり路面からの衝撃が伝わるので乗り心地が悪くなったり走行音が大きくなります。高速道路などで走行した時に操縦の安定性が上がるので、運転時操縦を快適にしてくれます。またブレーキをした時路面へ伝わりやすくなるので、グリップ性能アップにつながります。タイヤの変形が少なくなるので、コーナリングの性能を向上します。シャープな印象になるなどスタイリッシュにもなります。サイズ変更するには、タイヤの外径と一緒のサイズを選びましょう。外径が変わると車体とタイヤが接触してしまいます。スピードメーターの誤差が生じることもあります。法律によると、タイヤなどはみ出し装着は禁止されています。はみ出し装着をすると違反になってしまいます。また走行時に事故のリスクを高めてしまいます。タイヤ幅は車体よりもはみ出さないものを選ぶようにしてください。サイズごとに支えることのできる重さとなる負荷能力は、車の規格によっても異なります。車の規格では、ロードインデックスと指数で示しています。タイヤにも指数が表示されているので、規格に合わせて選ぶようにしてください。

タイヤのサイズや表示の見方

}PgžxQ毎日、車で通勤する方。移動手段が車の方。自分の車のタイヤをちゃんと理解していますか?
一見、どのタイヤも形状はドーナツ型で同じようなものに見えますが、実は種類や大きさ構造などを含めると無数にあります。車種によって付けるタイヤの大きさや種類も異なりますが基本的には10インチから30インチの間でインチ数が上がれば厚さが上がるというようになっています。例えば普通車であれば16インチが標準で装備されています。トラックなどは荷物を運ぶためにタイヤに負荷がかかってしまいます。その分タイヤのインチ数も高くなります。
では、どこに表示されているのか。タイヤの横に見慣れない文字が書かれているのがお気づきでしょうか?これがタイヤのプロフィールです。まず、一番左側に書かれている数字がタイヤの幅の表示です。あとはチューブタイプまたはチューブレスタイプなのかを知らせてくれています。基本的にはタイヤのサイズがわかればネットショップでタイヤを買う時も大きさに迷うことなく買うことができます。
実は、タイヤの横の英数字はどういうタイヤなのかを一目でわかるようになっていたんですね。種類だけではなく製造日も書かれているので、自分のタイヤが作られてどれぐらい経つのかを見てみるのも面白いです。

タイヤの種類と役割について

}PgžxQ車を走行する上で、重要なパーツはタイヤです。このパーツは車体だけでなく、運転手や助手席に後部座席にいる人を支えてくれます。道路状況によっても違うので、用途に合わせたタイヤで走行したいものです。一言でタイヤといっても実に様々な種類があります。大きく分けると夏タイヤと冬タイヤがあります。夏タイヤに役割は雪道でない道を走ることができるものを言います。スポーツ用から快適を重視たものがあります。燃費を考えたものや軽自動車などミニバン用など様々なものがあります。夏タイヤを選ぶ際には、シチュエーションや自分が何を求めているのか考えてみましょう。冬タイヤは、文字通り冬に利用するタイヤのことを言います。雪道や凍結路では、夏タイヤで走行すると横滑りを起こしたりしてスリップの原因になります。冬タイヤは、このような道路状況の時に快適に走行する役割があります。冬タイヤのことをスタットレスタイヤとも言います。スタットレスタイヤができる以前はスパイクを打ち込んだタイヤがありましたが、アスファルトに影響があるので平成3年禁止になりました。スタットレスタイヤが登場したばかりの頃はスリップを起こしやすかったのですが、技術向上でスリップを起こしにくいタイヤが出来ています。

知っておこう、タイヤのこと

}PgžxQタイヤの基礎知識についてまとめてみました。
まず車種によって大きさやトレッドなどに違いがあります。例えばトラック用、乗用車用、二輪車用と大きさや幅、硬さなどに違いがあります。
そして夏用と冬用があります、いわゆる通常のものは夏用と呼ばれるものですが、冬用とは温度が低くても柔らかいゴム質で雪面を捉えるトレッドになっているのが特徴です。
これらは消耗品のためメンテナンスが必要となります。やはり溝が減ってくるとブレーキング時にスリップをしたりコーナーリングが不安定となります。またバーストの危険性も高くなります。
また雨の日は水を排出しにくくなるためハイドロプレーニング現象を起こし滑りやすくなってしまいます。
これらはスリップサインという溝の深さを確認する箇所があるので、これが見えてきたら交換が必要となります。
また空気圧は常に確認する必要があります。空気はやはり徐々に抜けてきます。適正な空気圧となるように定期的にメンテナンスを行う必要があります。
ガソリンを入れる時などにガソリンスタンドで確認するといいでしょう。空気圧は少ないと熱を持ちやすくなり劣化してしまいます。
ゴムは徐々に硬化します。トレッド部分などにひび割れが出てくると交換が必要となります。