知っておこう、タイヤのこと

}PgžxQタイヤの基礎知識についてまとめてみました。
まず車種によって大きさやトレッドなどに違いがあります。例えばトラック用、乗用車用、二輪車用と大きさや幅、硬さなどに違いがあります。
そして夏用と冬用があります、いわゆる通常のものは夏用と呼ばれるものですが、冬用とは温度が低くても柔らかいゴム質で雪面を捉えるトレッドになっているのが特徴です。
これらは消耗品のためメンテナンスが必要となります。やはり溝が減ってくるとブレーキング時にスリップをしたりコーナーリングが不安定となります。またバーストの危険性も高くなります。
また雨の日は水を排出しにくくなるためハイドロプレーニング現象を起こし滑りやすくなってしまいます。
これらはスリップサインという溝の深さを確認する箇所があるので、これが見えてきたら交換が必要となります。
また空気圧は常に確認する必要があります。空気はやはり徐々に抜けてきます。適正な空気圧となるように定期的にメンテナンスを行う必要があります。
ガソリンを入れる時などにガソリンスタンドで確認するといいでしょう。空気圧は少ないと熱を持ちやすくなり劣化してしまいます。
ゴムは徐々に硬化します。トレッド部分などにひび割れが出てくると交換が必要となります。

Comments are closed.