大切なタイヤを劣化させない手入れ方法

デスク01タイヤは自動車の中でも運転手や助手席に乗っている人を守る重要なパーツです。アスファルトの上でなく砂利道や雪道など、様々な道を走行するのでタイヤは傷みやすいです。長持ちさせるためにも、定期的にメンテナンスを行い長持ちさせましょう。お手入れ方法は、まずは状況を確認しましょう。タイヤで重要な部分が地面と密接する接地面です。この部分は走行中地面と直接あたるので、どうしてもすり減ってしまいます。溝の残り具合を調べましょう。ゴムの劣化にも気をつけたいところです。ゴムが劣化すると、バーストの原因になってしまいます。ゴムが劣化の劣化はひび割れです。ひび割れやすり減ってぼうずになっている場合は、タイヤをすぐに交換しましょう。タイヤの状態が良いと判断できたら、空気圧を確かめましょう。空気圧は高すぎても低すぎてもいけません。高すぎると乗り心地が悪くなり、低すぎると燃費が悪くなります。空気圧を確かめたら砂利などで汚れたホイールを綺麗にしましょう。専用ブラシやクリーナーを使うと、キレイにする事が出来ます。シートなら、拭くだけでピカピカになります。タイヤに直接吹き付けるだけでキレイに汚れを落としてくれるスプレーもあります。

Comments are closed.