タイヤの交換時期の見分け方

テーブル自動車を安全に運転することは、自動車運転手に課せられた最低限の義務です。しかし、現実に日本では日々多くの自動車交通事故が多発していて、年間多くの人が亡くなっているのが現状です。
その原因の一つとして、自動車の整備不良に係る事故が上げられます。ブレーキや制動に関するタイヤなどは、整備不良があれば交通事故に直結してしまう重要な部品です。これらの部品については、乗車前に点検しておくべき日常点検項目にも含まれています。
タイヤは、ゴム製品であり消耗品ですのでタイヤ交換の時期を迎えたときには交換が必要になります。タイヤの交換する時期については、トレッド面と呼ばれる排水用の溝が刻んである接地面がすり減るまで使用することが可能です。しかし、ある程度のすり減り具合が定められているので、確認する必要があります。
その手順としては、タイヤの側面から確認すると三角マークがあり三角の頂点がタイヤのトレッド面を指しています。そこの場所のトレッド面をみると排水用の溝の一部が突き出ています。それがスリップサインでタイヤの交換時期を知ることが出来ます。スリップサインを確認して、排水溝とサインが同じ高さレベルで見えていたら交換が必要です。
タイヤの溝が減っていなくても、ゴムは年々硬化していくので年数が経過しているならば、交換することをオススメ致します。

Comments are closed.