タイヤのサイズや表示の見方

}PgžxQ毎日、車で通勤する方。移動手段が車の方。自分の車のタイヤをちゃんと理解していますか?
一見、どのタイヤも形状はドーナツ型で同じようなものに見えますが、実は種類や大きさ構造などを含めると無数にあります。車種によって付けるタイヤの大きさや種類も異なりますが基本的には10インチから30インチの間でインチ数が上がれば厚さが上がるというようになっています。例えば普通車であれば16インチが標準で装備されています。トラックなどは荷物を運ぶためにタイヤに負荷がかかってしまいます。その分タイヤのインチ数も高くなります。
では、どこに表示されているのか。タイヤの横に見慣れない文字が書かれているのがお気づきでしょうか?これがタイヤのプロフィールです。まず、一番左側に書かれている数字がタイヤの幅の表示です。あとはチューブタイプまたはチューブレスタイプなのかを知らせてくれています。基本的にはタイヤのサイズがわかればネットショップでタイヤを買う時も大きさに迷うことなく買うことができます。
実は、タイヤの横の英数字はどういうタイヤなのかを一目でわかるようになっていたんですね。種類だけではなく製造日も書かれているので、自分のタイヤが作られてどれぐらい経つのかを見てみるのも面白いです。

Comments are closed.