タイヤの種類と役割について

}PgžxQ車を走行する上で、重要なパーツはタイヤです。このパーツは車体だけでなく、運転手や助手席に後部座席にいる人を支えてくれます。道路状況によっても違うので、用途に合わせたタイヤで走行したいものです。一言でタイヤといっても実に様々な種類があります。大きく分けると夏タイヤと冬タイヤがあります。夏タイヤに役割は雪道でない道を走ることができるものを言います。スポーツ用から快適を重視たものがあります。燃費を考えたものや軽自動車などミニバン用など様々なものがあります。夏タイヤを選ぶ際には、シチュエーションや自分が何を求めているのか考えてみましょう。冬タイヤは、文字通り冬に利用するタイヤのことを言います。雪道や凍結路では、夏タイヤで走行すると横滑りを起こしたりしてスリップの原因になります。冬タイヤは、このような道路状況の時に快適に走行する役割があります。冬タイヤのことをスタットレスタイヤとも言います。スタットレスタイヤができる以前はスパイクを打ち込んだタイヤがありましたが、アスファルトに影響があるので平成3年禁止になりました。スタットレスタイヤが登場したばかりの頃はスリップを起こしやすかったのですが、技術向上でスリップを起こしにくいタイヤが出来ています。

Comments are closed.